FileMakerProを活用して仕事を効率化しよう!

とても参考になったサイト

https://note.mu/gonomo/n/n227d07727d75

開発環境については、色々と検討しましたが場所を選ばず開発できる環境がやはり一番良いのでCloud9に決めました。Cloud9上にWordPressの開発環境を構築するのは、上記サイトを参考にさせて頂くことで非常に簡単にできました。感謝です!

私は、WordPressのプラグインを開発するだけなので開発環境についてはできるだけ簡単に構築してさっさと本体の開発に進みたいのでこれで良かったです。

初心者がWordPressの開発に取り掛かる壁

ネット上には様々な情報があります。検索して色々と試してみましたが、躓き転んでようやく上記のサイトにたどり着いた感じです。その経緯を少し書きます。

ローカル開発環境は違和感ある

自分のパソコン上にWEBアプリケーション用の環境を作ってテストしながら開発するというのが、一般的というかクラウド開発環境以前では多くの人がやっていると思います。

ただ、私のiMacは仕事でも使うしMac内にサーバーを起動したり停止したりするのはどうしても違和感がありました。それに、場所が仕事場限定というのも困ります。

エディターで迷う

ATOMとかVScodeとかが候補に上がりましたが、良かったと思うのはVScodeでした。Macでも軽快に動作しましたし、機能は申し分ありませんでした。しかし、結局上記の理由でクラウドを選択しました。

AWS Cloud9でWordPress開発環境構築に悩む

結果的には上記サイトにたどり着いたおかげで簡単でしたが、そこまでの道のりが大変でした。データーベース(MySQL)関連で躓きまくりました。何度も言いますが、これも上記サイトのスクリプトを利用することで一発解決しました。

フレームワークにも寄り道

Laravelなどのフレームワークも検討しましたが、WordPressのプラグイン開発において情報が少なく諦めました。

あとはPHPを使いこなすだけ

今回構築した開発環境でPHPの動作について学びながら少しづつ開発を進めていきます。

PHPはPerl言語から派生したプログラミング言語なので、Perlでの開発経験がある私には有利です。独習PHPという本を買って読み進めていますが、割とPerlに近いので分かりやすいです。


kantan

FileMakerPro用販売管理システム「カンタンPro」を開発しています。僕自身が10年以上使って鍛えまくって来た実践的なシステムです。

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

KantanPro © 2004-2022