FileMakerProを活用して仕事を効率化しよう!

古いカンタンProからのデーター移行

古いバージョンのカンタンProからカンタンPro1.3にデーターを移行する方法を説明します。

注意事項

 
★最新版(v1.3.5以上)をダウンロードしてください。

★ 新旧ファイルの拡張子がともに.fmp12であることが前提です。例えば、お使いのファイルメーカーのファイルの拡張子が.fp5とか.fp7などの場合、.fmp12に一旦変換する必要があります。ファイルの変換方法については公式リファレンスをご参照ください。

★カスタマイズユーザー
古いバージョンのカンタンProをカスタマイズして使用されている方は、カンタンPro1.3にデーター移行するとレイアウトやスクリプトが新しいカンタンPro1.3の仕様にリセットされます。

移行手順

前提としてカンタンPro1.3の最新バージョンをダウンロードして起動しているものとします。詳しくはマニュアルのカンタンProのはじめ方を御覧ください。

  • カンタンPro最新版を入手。
  • FileMakerProが起動していたら終了する。
  • 新・旧版のバックアップをとる。
  • カンタンPro最新版のmain.fmp12をダブルクリックして起動。
  • 利用規約に同意したら初期設定が表示される。

※ 移行ツアー中、旧版の各ファイルを開くので旧版のファイルの位置を確認しておいてください。
※ 旧版を開くときに旧版のアカウント名とパスワード情報を要求される場合があります。
※ 移行元のバージョンによっては存在しないファイルがあります。その場合は、「キャンセル」を押して次に進んでください。
※ 途中で間違えたり移行がうまく行かなかった場合は最初からやり直します。

STEP1初期設定画面の「データー移行ツアー」ボタンを押します。

STEP2 データー移行ツアーを開始します。

STEP3 移行元ファイル(古い)を選択

  1. 移行先(新)を初期化し
  2. 移行元(旧)からインポート

STEP4 フィールド内容の置換(指示があれば)

ファイルのIDに連番を反映させるためにシリアル番号で置き換える必要があります。レコードの最後の(最大の)IDを設定します。

順次移行するファイルごとにSTEP3〜4を繰り返します。(v1.3.4以降)

※ 最後に正常にデーター移行できたかどうか確認してください。
※ データー移行ツアーは、データー移行を保証するものではありません。
※ データーの作成されたバージョン、データー破損などによってデーターが欠損する場合がありますので予めご了承ください。(必ずバックアップをとってからテストしてください)

ここがポイント(超重要)

バックアップを取る際にはカンタンProをログアウトした状態で行ってください(もっとも確実な方法はファイルメーカーを終了することです)。カンタンProを起動したままOSのファインダーでファイル操作を行うとデーターが破損することがあります。

※ バックアップさえとっておけばもし何かで失敗しても何度でもやり直せます。

カンタンPro1.3トライアルダウンロード

KantanPro © 2004-2022