Laravel:【成功】Macに仮想マシーンを構築

下手に解説すると間違いそうなので参考になったサイト貼っときます。

【Laravel 5.5 or latest】Homestead で mac に Laravel 開発環境を構築 - Qiita
# はじめに 前回の記事:(

VirtualBox+Homestead+Vagrant

この呪文のような言葉を唱えながら、仮想マシーンをMac内に構築することが出来た。

http://homestead.test/

にブラウザでアクセスすると以下のような画面が表示される。(VirtualBoxが起動しているローカル環境で)

この画面は、MacローカルでLaravelというフレームワークを使って開発中のWebアプリケーション「カンタンPro」のトップページだ。まだ何もプログラミングしてないけど、れっきとしたPHPのプログラムにより表示されている。

Homestead

Homesteadというものを用いてLaravelの仮想環境を作った、ということだ。Homesteadは仮想マシーンを作るための設計図のようなものだとか。

VirtualBoxの起動画面

Mac内に別のマシーンを仮想的に作ってる。Webアプリケーションを動かすための仕組みが全部入っているらしい。本番の環境と同等なので、開発したアプリケーションがこのマシーン上で正常に動作したら良いらしい。この仮想マシーンをコマンドラインで操作するのにvagrantというものを用いる。

まとめ

なかなか今回も躓きポイントが多かったぁ。。。デフォルトでバシッと行けてくれたらいいんだけど、色々設定を変えないとうまく行かない。その都度勉強にはなるんだけど環境構築だけで消耗しそう。

 

FileMaker ProのカスタムAPP「カンタンPro」をPHPのフレームワーク"Laravel"でWEBアプリケーションとして開発します。=> デモサイト

コメント