WordPressプラグイン開発 – requireで外部ファイルを読み込む

このブログは初心者がPHPを独習する過程で備忘録的に書いています。内容に不理解による誤りがあるかもしれません。もし、誤りがありましたらご指摘頂けば幸いです。

昨日はクラスでいきなりコケましたが、クラスの前に外部ファイルを読み込まないといけないことに気が付きました。クラス化はちょっと置いといて外部ファイルを読み込んで正常に動作させてみます。

requireで外部ファイルを読み込む

require文で外部ファイルのパスを指定して読み込みます。こうすることで本体プログラムが非常にシンプルになりました。

//カンタンPro本体プログラム
//カンタンProを起動します
function kantan_pro_start(){

//開かれたページのスラッグによってプロセスを選択するプログラムを読み込む
require "lib/kpwp-select-processing.php"; 
print $msg;

}

外部ファイルに処理を書きます。単純にテキストを返す処理です。

//外部ファイル'kpwp-select-processing.php'
//ページのスラッグから仕事リストなどのタブ(プロセス)の処理を選択しコールバックします。

global $post;
$slug = $post->post_name;
switch ( $slug ){
case 'list':
$msg = 'ここは仕事リストです<be />' ;
return $msg ;
break;
case 'order':
$msg = 'ここは伝票です<be />' ;
return $msg ;
break;
case 'client':
$msg = 'ここは顧客です<be />' ;
return $msg ;
break;
case 'goods':
$msg = 'ここは商品です<be />' ;
return $msg ;
break;
case 'vendor':
$msg = 'ここは協力会社です<be />' ;
return $msg ;
break;
case 'report':
$msg = 'ここはレポートです<be />' ;
return $msg ;
break;
case 'setting':
$msg = 'ここは設定です<be />' ;
return $msg ;
break;
default:
$msg = 'ここは不明です<be />' ;

return $msg ;

動作確認OK

本体プログラムに書いていたときと同じく動作しました。

あとは、この外部ファイルをクラス化して本体ファイルでUSEしてやればよい……のかな?

まとめ

まだ全体構造が理解できてませんが、書いたプログラムがちゃんと動いてくれると安心というか、なんだか嬉しい。次に進もうという気になります。

次は、クラスについてもう少し勉強して実装までやってみたいと思います。

カンタンProWPとは
ファイルメーカーProを使用しないでWEB上でカンタンProの機能を実現するWordPressのプラグインです。2019年7月4日から開発を始めています。WordPressとは、世界で最も使われているCMS(サイト構築ツール)です。

だれでも手軽に、どこでも、安価にカンタンProを利用できるようにすることが開発の目的です。PHP(プログラミング言語)を使った開発になります。PHPについて一から勉強して開発を進めていきます。

このブログカテゴリーでは、その学習と開発過程を公開しています。

コメント