WordPressプラグイン開発 – テーブルデーターの読み出し処理

このブログは初心者がPHPを独習する過程で備忘録的に書いています。内容に不理解による誤りがあるかもしれません。もし、誤りがありましたらご指摘頂けば幸いです。

相変わらすゴニョゴニョやってます。少し前進したので報告します。

テーブルデーターの読み出し処理(今の所1行だけ)

 public function kpw_client_process() {

//テーブルデーターの読み出し処理(今の所1行だけ)
global $wpdb;
$table_name = $wpdb->prefix . 'kpw_client_table';

$query = "SELECT time,name,text FROM {$table_name} WHERE id = 29";

$result = $wpdb->get_row( $query );

$time = esc_html($result->time);
$name = esc_html($result->name);
$text = esc_html($result->text);

$result = <<<EOF
<h2>テーブルデーターの読み出し処理(今の所1行だけ)</h2>
$time : $name : $text <br />

EOF;
return $result;
}

まだレコードのIDを直接指定しての処理ですが、とりあえずデーターベースからデーターを取得して表示することができました。ダミーデーターですが、時間と名前とテキストが表示されています。

まとめ

今日は遅くなってしまったので、ここまでです。

2019/9/11 WordPressプラグイン開発は一旦終了しLaravelでの開発に切り替えました。

カンタンProWPとは
ファイルメーカーProを使用しないでWEB上でカンタンProの機能を実現するWordPressのプラグインです。2019年7月4日から開発を始めています。

だれでも手軽に、どこでも、安価にカンタンProを利用できるようにすることが開発の目的です。PHP(プログラミング言語)を使った開発になります。PHPについて一から勉強して開発を進めていきます。

コメント