FileMakerProを活用して仕事を効率化しよう!
[temp id=2]

今日は、カンタンProの仕事リストなどのタブを別々のPHPファイルにしたり、テスト的に「仕事リスト」でデーターベースにアクセスしたり、ゴニョゴニョやってます。

WordPress開発の勉強方法

「私の」ということでご理解ください。私は、基本的に勉強がきらいです。筋トレもきらいです。だけど、何か目的があったら頑張れます。筋トレなら「女の子にもてたい」。PHPなら「WordPressのプラグインを開発したい」です。

大まかな流れ

流れとしては、

  • やりたいことがある
  • 本の目次でその関連項目を調べる
  • ネットで具体的な事例を調べる
  • 実際にコードを書いて動作確認する
  • エラーが出たらエラー原因をネットで調べる
  • コードを修正し動作確認する

てな感じです。

実際に開発する

勉強だけしてても身につきません。実際に開発しながら学びます。この点、Cloud9などの開発環境では誰にも迷惑をかけないので安心して作業できます。(絶対に本番環境でやってはならない)

注意すべきこと

本の情報は古い場合がありますので、同じ内容をネットでも探して比較する必要があります。(ネットの情報は、Google検索のツールを使ってできるだけ最新の情報を探します)

焦らず積み上げる

大まかな設計をして、部品的なプログラムはシンプルなテストコードで実験し機能を理解しながら実装していきます。先を焦らず、ひとうひとつが基本です。

今回は$wpdbでデーターベースを扱う初歩を学びました

というわけで、積み上げてます。WordPressに用意されている$wpdbっていう変数はデーターベースを扱うのに便利だそうです。

参考になったサイト

wpdb道場 (1) 〜はじめての$wpdb〜

しばらくこちらのサイトで勉強させて頂こうと思います。ありがとうございます。

まとめ

だんだん本陣に近づいてますね。いよいよデーターベースを扱っていきます。

ファイルメーカーもデーターベースですし、カンタンProはファイルメーカー上で動くカスタムAPPです。WordPressもデーターベースです。WordPressのデーターベースを制覇できれば、カンタンProWPの骨格ができます。

[temp id=1]

kantan

FileMakerPro用販売管理システム「カンタンPro」を開発しています。僕自身が10年以上使って鍛えまくって来た実践的なシステムです。ぜひダウンロードしてお試しください。30日間無料でお試し頂けます。また、サブスクはいつでも解約できます。

KantanPro © 2004-2022