Laravel:ルーティングを学ぶ

朝からLaravelのルーティングについて勉強しています。

Laravelのルーティング

ルーティングとは、Webページにアクセスした時にどのアドレスにアクセスしたらどの処理を実行するかというルール(ルート)を決めるものです。ルートはroots/web.phpで定義します。

web.phpを編集してルート情報を追加

 web.php 

Route::get('/', function () {
    return view('welcome');
});

//これを追加
Route::get('/kpwinfo', function () {  // /kpwinfoにアクセスしたら
    return view('kpwinfo');           // view関数を使ってkpwinfo.braid.phpを表示させる命令
});

welcome.braid.phpを編集して「カンタンProについて」ページにリンクを貼る

リンク先は”/kpwinfo”とする。

welcome.braid.php:トップページから「カンタンProについて」ページにリンクを貼る

kpwinfo.braid.phpを新しく作って 「カンタンProについて」書く

すると、”http://ローカルホスト/kpwinfo”にアクセスすると以下のように表示される。

kpwinfo.braid.php:新しく作ったテンプレート

kpwinfo.braid.php:新しく作ったテンプレート 「カンタンProについて」ページを表示している

まとめ

とても簡単に出来ますね。

ちょっと表示が変ですが、これはCSSの問題です。CSSについてはBootstrapを学ぶのが最短距離ではないかと思います。今後の課題ですね。

FileMaker ProのカスタムAPP「カンタンPro」をPHPのフレームワーク"Laravel"でWEBアプリケーションとして開発します。=> デモサイト

コメント